読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝坊主の愛すべき雑文たち

日本語ラップ大好きで作り始めたイカレタ少年。よろぴく。

夜明け前&Grievanceあとがき

寝坊主 - 夜明け前 (1st demo tr.9)

youtu.be

歌詞

優しくなれない 夜の淵
なんなら来るかい? 僕の家
夜の帳に舞う踊り子のよう
音に乗り込む 躍動する夜

寝ぼけ眼をこすり
ライセンスもたずのもぐり
でも踊らせてくれよ Bitchs
一律に歩くのは飽きたんだ
皆待ちわびた 夜の始まりだ
ネオンと騒音 絵本とエロ本
疾風 頬をかすめる 切れそうになる皮膚
歩き出す街並み 味気ない明日に
夜明け前 それが答えかい?
悶えたって止まんない 時の狭間
待ってようが目を背けようが 来る朝が
夜にまたな、と手を振り
そのまま振り返ることなく前に進む
君は手がないから 星をかざす
じゃあな、また来る
ポケットをまさぐる
リップクリームを取り出し塗る唇
始まる七日間 口火切る

優しくなれない 夜の淵
なんなら来るかい? 僕の家
夜の帳に舞う踊り子のよう
音に乗り込む 躍動する夜

結局言えなかった一言を
他人事のように 受け流して
心に傷をつけないようにかくまって
お先真っ暗で 急に怖くなって
夜が抱擁した もうお時間
騒々しい太陽と月の喧嘩
駐車場のゲロ Get on the mic
出るのは愚痴でも反吐でもない
寄せては返す波のよう
つける足跡 街角でまた集まろう
次は花見の季節だな
凍てつかない心と懐 ここにあり
夜と朝 朝と夜
交じり合い 吐き出した吐息は湯気のよう
ふわりと宙に舞う
まだ眠くない ブラックブラック
口に入れるチューイングガム

優しくなれない 夜の淵
なんなら来るかい? 僕の家
夜の帳に舞う踊り子のよう
音に乗り込む 躍動する夜

いつか必ず儚ぇ街で
別れが来て 夜桜もパッと散る
その時になってハッと知る
時間の短さ 自分の意志かは
そこで初めてわかる
皆旅立つ 岐路の瀬戸際で黒髪がなびく
蛍のように孤独さ
でも本当の才能ってやつは遅く咲く
方向性やら どうでもいいぜ
俺は俺のやりたいこと やるだけ
そん時はまた この夜に集まれ
あの教室、本屋、街角まで
街がどうなれど
俺ら変わらなく どこにいようが
ここにありたいね
街がどうなれど
俺ら変わらなく どこにいようが
ここにありたいね

優しくなれない 夜の淵
なんなら来るかい? 僕の家
夜の帳に舞う踊り子のよう
音に乗り込む 躍動する夜

解説

ビートはHaruka Nakamura feat. Uyama Hiroto「Faure」を使わせていただきました。

これは確かほんとに夜明け前に書いたと思います。3時、4時とか。

びっくりするぐらいスラスラ書けた作品です。そのとき言いたかったことを全部詰め込んだ感じです。今までで一番さらけ出したと思います。

父親がこの曲を聴いて「『脱出』のアンサーソングやな」と言ってました。なるほど、そうかもしれないです。

僕も好き勝手に書いたので、皆さんも好き勝手に解釈していただければと思います。

夜明け前に聴いてくだされば。

「Grievance」あとがき

いやー疲れました! 2か月前に発表した作品のあとがきを書くというのも変な話ですが。

短い期間で一気に作ったので全体的なクオリティは低く、未熟かもしれませんが、僕らしさは出ていると思います。「序章」「夜明け前」に関しては現時点での代表曲が出来たかな、と。

作った当初は一週間ぐらい部屋にこもって録音&作業してたので心身ともにボロボロでした。

また一週間ぐらいしたらyoutubeに「序章」をupしようと思います。

next songはもうちょっと待ってください! テーマは夏にしようかな、と思ってます。ありがちですが(笑)。

最後に。

えーこんなクソガキの作品を聴いてくれた人たち、フォロワーやチャンネル登録者の皆さん、剣道部のみんな、友達、口出しせずに見守ってくれている家族、心から感謝。ありがとう。これからもよろしく。

というわけで、おやすみ!

追記(長文読んでくれてありがとう) 

 

                        平成29年5月21日 寝坊主

“Grievance” 歌詞と解説!

寝坊主 - Grievance (1st demo tr.8)

歌詞
grievance
筋書通りにゃいかないドラマに乗り込んだ脚本家
周りにとっちゃこの道 アブノーマル
だろうが開く また次のチャプター
末路は芥川か三島
それでも未知なる扉を開けちまう
時間は短い
チャンスはもたもたしてると行っちまう
ここらで起死回生
歩道橋下でぼそぼそフリースタイル
俺はこのクソ田舎のプリズナ
繋ぐ鎖を千切るためか?
この情熱燃やす一途な目は
ただ認められたいだけさ これは賭けさ
それでも喉を枯らし叫びな
不平不満があるようなふりして
実際はすげえ不安なだけの兎
 
何で認められないの?
I don't know
悔しくて握りしめたmicrophone
いつか いずれ っていつだよ
大切なのは 己の傷だろ
こうしている間にも
日々は過ぎ去っていく
チャンスすら失っていく
そうなる前にI wanna shout grievance.
 
一向に上がらないyoutubeの再生回数
リリックには体験を書く
外見で判断 ないぜ出番は
そいつのステージを俺に演らせなよ
何で 奴が売れる
何で 俺はこんな処でくすぶってる
時間は経つ 意外に早く
啖呵切るもなんか 視界には誰もいない
味方もいない
大海を渡れる筏もない
しばらく待てって言われて1時間
電話口で待たされる気分さ
でも行くんだよ
1本道しかないから
革命の現場はたった今だ
踏みしめた地面なら真っ平だ
かっさらいなよ 待ったなしだよ
 
何で認められないの?
I don't know
悔しくて握りしめたmicrophone
いつか いずれ っていつだよ
大切なのは 己の傷だろ
こうしている間にも
日々は過ぎ去っていく
チャンスすら失っていく
そうなる前にI wanna shout grievance.
 
時は過ぎ去る 機会を失う
でも変わらず人々は行き交う
時に弱音も吐き出す 「無理じゃん」
だがその言葉こそ 無意味だ
雨に打たれる 風に吹かれる
出る杭は だが残すな悔いは
いま握る 未来のフリーパス
追い風が吹いた 叫びな“grievance”
 
何で認められないの?
I don't know
悔しくて握りしめたmicrophone
いつか いずれ っていつだよ
大切なのは 己の傷だろ
こうしている間にも
日々は過ぎ去っていく
チャンスすら失っていく
そうなる前にI wanna shout grievance.
解説

ビートは5lack「東京」のインストを使用させていただきました。NTTドコモのCMで有名なやつですね。

grievanceという単語は1stデモを作るにあたって何か良い英単語はないかと探したときに見つけたものです。デモのタイトルのほうが楽曲を作るより先だったということです。

歌詞の最初のコンセプトはストレートに不平不満を書こうというものだったんですが、ビートの壮大な雰囲気を受けて、自分だけでなくいま頑張ってるひと全てへの応援歌みたいなものになるようシフトチェンジしました。

1ヴァース目は本当に悩みに悩みぬいて書きました。

はっきり言って歌詞の面でいちばん納得がいっていないのがこの曲です。少し悔いを残しています。締切ギリギリだったので・・・・。いつかリメイクしたいですね。

インストが素晴らしすぎて全部かっさらっていっているような気もしますが(笑)

SCAB MC BATTLE、お疲れ様でした

えー先日池田屋で行われたSCABというイベントに出演させていただきました。

MCバトルといってもトーナメント制でなく、あらかじめ決められたモンスター2人にチャレンジャー8人が順番にかかっていくという・・・・まるでどこかのダンジョンみたいなルールだったんですが。

結構みんなガチな感じじゃなく余興という感じだったので緊張せずに楽にやれました。

結果は・・・1人には延長で勝ちましたが、ラスボスに負けました。

盛り上がってくれた方、終わった後声かけてくれた方、本当にありがとうございました。

全然実力が出なかったので悔しかったですが、まあ初ステージはこんなもんでしょう、誰でも。

楽しかったです!!

終わった後漢さんの毎日パンチラインをもらいました(笑) 使わせていただきます。

次の舞台はUMB予選とか大きな舞台になりますように。

初MCバトル出ます

どうも寝坊主です。

今回はもうタイトル通りなんですが、MCバトルに出ることになりました。

場所は地元・愛媛県西予市池田屋というカフェの裏にある蔵。毎年行われている「SCAB」というイベントで、今年で7回目です。

売上の一部が東日本大震災義援金になるチャリティーイベントみたいです。バトルは、その中の一コーナーみたいな扱いです。

この間修学旅行だったんですが、修学旅行のバスの中でフリースタイルをやらされて、人前でrapやるの初めてだったんですが・・・・

早くも初ステージです。

小さなイベントなんですが、頑張ります。

多分出るのは8人くらいなんで、まずは初戦突破を目指そうと思います。

始めから優勝できるわけないですからね。これで少しでも名が広がればいいなと思います。

思えばラップを初めて3年です。長かったけど、ようやく初ステージ。頑張るぞ!!

 

f:id:taktak1018:20170429223830j:plain

“nichijou (Smokey Doggy remix)” 歌詞と解説!

寝坊主 - nichijou (Smokey Doggy remix) (1st demo tr.7)

歌詞
手垢こびりついたこの業界
真のオリジナルなんてもうないんじゃない
また大麻かい 絶え間ない 日常の隙間もぐりこんで会えない
パクリやオマージュ 言葉のパズル
解いても解かなくともやってくる明日の朝日にやられるヴァンパイア
昨晩も惨敗喫し 犯罪人みたいなクマ抱えた
日常戦場 グラディエーター
けど失敗は得た 無駄にしねーな
ケバブのよに言葉 削ぎ落とす 取り戻す自意識の果て呼び起こす
押し問答 答え見えず とりあえず竹刀だけ振って 寝る
こんな日々でも息は切れる
虚しさの向こうの真実 ループ抜け出し 別世界はいびつ
 
日常にRollin' Rollin'なんてない
からマイク握って今日も歌います
ルーティン破壊 期待のTeen
うっせえよ馬鹿が 厨房だろうが関係なし
 
起立の呼び声が支える規律 レールにはまたがってないreal
クソがつく程つまらない日常
妄想でもしてないと埋まらない日々を
デブと ノッポと メガネと あとゴリラ +チビで
乗り越えるこの意地さ
消えちまう水蒸気に呑まれる蟻 所詮ちっぽけな僕らのイマジン
いつも何かから逃走 ゴールデン・スランバー
逃げないために切った啖呵と口火
内気になったらば失格 空気になったらと怯えながら字書く
日常の会話と非日常の合間で 彷徨ってるんなら一度止まりな
耳に当てる再生機器
負けん気に裏付け 日常ループ破壊 風切り砕く円
 
日常にRollin' Rollin'なんてない
からマイク握って今日も歌います
ルーティン破壊 期待のTeen
うっせえよ馬鹿が 厨房だろうが関係なし
解説

ビートはSuiken「Alkman」のインストを使用させていただきました。いつかは使おうと思ってたビートなので使えて嬉しいです!

大晦日にyoutubeに投下した楽曲のremixです。remixといっても全部録り直しましたが。

remix用にサビを書き換えてあります。戦極第10章の黄猿vsチコカリートをオマージュしてるとかしてないとか。

youtube ver.の解説でも書いたんですが、学校生活が嫌で嫌でたまらなかったときに書いた歌詞です。冷静になって読んでみると結構病んでますね。

起立の呼び声が支える規律 レールにはまたがってないreal」は好きなリリック。

「デブと ノッポと メガネと あとゴリラ」っていうのは僕の友達4人のことです。「+チビ」っていうのが僕です(身長154cm)。

ゴールデン・スランバーはこれを書いたときに読んでたので入れました。以上!!

“Whose Music Is This?” 歌詞と解説!

寝坊主 - Whose Music is This? (1st demo tr.5)

歌詞

書いた歌詞の数だけ呑み込ませる生唾の数だけ増えたリスナー
腕磨くもclean rapの方がいい?
japaneseの氷河期 カタルシスの崩壊
またいつも同じ展開でげんなり
死期早める天才 いつかなれるセンターに
夢吸い込むブラックホール 雑音出すダクト
口パクも適当 コメント欄は戦場
くそったれで下らない 敢えて耳は塞がない
口元にゃ薄ら笑い こうと信じ疑わない信念
だからこそ今日もマイク持って真剣
希望と絶望は 隣接 world is mine
アインシュタインじゃなく
artistさん 必要なのは性格じゃなく成果
張る虚勢も春の音

アイドル産業を買い取るファン
愛情=金銭 最後に残る因縁
彼らや彼女らの場合はお膳立てされてた舞台がこちとらない
なんの武器もなく浮世立つよ
富士も泣く国の末路 罪と罰売り飛ばすの
笑止 日本の腐敗した音楽業界
自称歌番組で糞を撒く能無し
そう こっからどう戻せるかの話をしようぜ
答えは簡単 whats'up? under ground
若手から地殻変動 イカくせぇ音楽
MIC1本と2本の足で日本縦断
研がれた刃を収めたライマーが
ひっくり返すってのが答えじゃないか?
ゲーム開始 得る大金 見えぬ雑菌まで駆除
首振らすよ フラスコのよう 社長から風俗嬢

解説

ビートはNasの大名曲「World Is Yours」のインストを使用させていただきました。間奏ではハモッてます。

音楽業界の仕組みなんかこれっぽっちもわかってないクソ中学生が書きました。

どうしても歌詞が書けなくて、無理やり「書いた歌詞の数だけ~」っていう頭の部分をひねり出して、そこから広げていきました。

死期早める天才 いつかなれるセンターに
 夢吸い込むブラックホール 雑音出すダクト
 口パクも適当 コメント欄は戦場

は結構いいのが書けたと思います。固く韻を踏みつつ、言いたいことが言えました。自信のあるラインです。

“雨の降る丘にて” 歌詞と解説!

寝坊主 - 雨の降る丘にて (1st demo tr.4)

歌詞
絶え間なく 雨が降る街を誰が拭く?
weedでイカレたクズ 街並みは希望さえ無くす
かじる 嘘の果実 エデンの園
理想や希望から目線も遠のく
戦前の頃の平和な暮らしも結果無くなり
開かない 閉じた目頑なに
赤煉瓦たちに未だ変化なしの雨が打ちつける
下町情緒 痛ましい表情をたたえる
ただそこに佇む少女
メッキで隠す嘘 浅く塗る本当
リズラで巻いた いつまで待った
いつこの雨は止むと静かに泣いた
住人の殆どが真っ白な肌だ
しばらく見ていない 安心の眼差し
兵士に群がり お菓子をねだる子供
きっと下さる筈 塞がる明日
 
降り止まぬ雨が浸した丘
雲の向こうに 少年は何を期待したのか?
続くrainy days 悲しい唄
線香花火のようにただ散る明日
 
ゴミ箱の影でそっぽ向いた ずぶ濡れの猫
鳥かごの成れの果て 夕暮れの線路
森を優しく包む 雨のカーテン
未だ降り続く夜明け前 されど待って
今日こそは学校に行けるかなとはしゃぐ子供
無情にも休校のベルが鳴る
この街を支配するのは軍隊と静寂
夜な夜な 歩く 偶像崇拝の聖者
まるで塀のような雨
いくら待てどエンドロールはないぜ
乾かない洗濯物と涙腺
雨の絵描くノートはページが無くなって
ベッドで布団にくるまって明日を待とう
テーブルに突っ伏す母の涙の跡
醒めぬnightmare I don't care
開かない時計屋 この愛のねぇ街
 
降り止まぬ雨が浸した丘
雲の向こうに 少年は何を期待したのか?
続くrainy days 悲しい唄
線香花火のようにただ散る明日
 
錆びた時計塔 溶けたチョコレート
穴開いたポケット ここは桃源郷
物欲しそうな乞食 死ぬようだもうじき
ぬかるんだ雨の丘の道
解説

ビートはProof「Life」のインストを使わせていただきました。
実はこのビートはyoutubeにupしている「霧雨二」の概要欄で言っている「霧雨一」のトラックとして使う予定だったんですが、いい詩が書けたのでこっちに使うことにしました。

というより、この曲を「霧雨一」と考えてもらったほうがいいと思います。
「霧雨二」の最後に希望が見える展開とは対を成すような作品です。世界観的には何の関係もないですが。

ZONE THE DARKNESSの「赤い靴の少女」の世界観に影響を受けて作りました。もともと「丘」というタイトルで書き始めたんですが、それを原案にしてアルバムを作るにあたって一から書き直しました。

設定としては、かなりアバウトなんですけど、戦争に負けたある王国の、霧深い山の丘の上にある、敵国軍に占領された町の話です。人々の陰鬱な気分のような土砂降りの雨が連日降り続く、というただただ絶望しかない話が書きたくて書きました。

こういうストーリーテーリングものは、3つ目になりますね。

途中の「ずぶ濡れの猫」という箇所がどうしても言えなくてそのままOKテイクにしちまったんですけれども。本当にすみません。

やっぱRECになると声に力が入ってしまって舌が回らなくなるんですよねー。言い訳です。本当にすみません。